トランクルームの活用方法まとめ

トランクルームとは、個人や団体・企業などの荷物・物品を収納するための、貸し倉庫サービスのことを指します。0.5~2帖といった手狭で利用しやすい小規模なものから、コンテナや倉庫の一室といった大規模なものまで、実にさまざまな規模・形態・環境のトランクルームが存在します。
ご家庭での一般的な活用方法としては、お引っ越しやリフォーム、新築の際などに、一時的にご自宅が利用不可能となった場合に、ご自宅の荷物を預けるといった利用法が最もポピュラーです。しかし、この他にもお手軽に利用しやすいサービスを使って、さまざまな活用方法があります。そこで、今回は定番である方法から、目からウロコの意外な利用方法まで、まとめてご紹介いたします。ぜひあなたも活用してみてください。

ポピュラーなトランクルームの活用方法

アウトドア・レジャー好きのご家庭にはもってこいのサービスですね。キャンプ用具バーベキューセットや空気を入れて膨らませるタイプのプール、スキー・スノーボードなどウィンタースポーツ用具など、スポーツ用品・アウトドア用品を預けるのには最適です。こういったアウトドア製品は、屋外での利用を想定した道具が多く、頑丈に作られているため屋外設置型のトランクルームを利用しましょう。屋内型より安価なのが嬉しいところ。
そして、冒頭でも述べた通り、増築・改築の際は仮住まいに住むことになりますが、家財道具一式は入らないため、トランクルームの出番となります。短期間でしたら屋外型でも良いですが、長期間であったり、大事な物品がある場合は倉庫業者に預けた方が無難です。搬入・搬出も一緒に依頼できる業者も多いので、検討してみてください。

他にも意外なトランクルームの活用方法

特殊な例として、お医者さんのための活用方法。医療機関では、カルテは5年・レントゲンフィルムは3年の保存が義務づけられています。こういった書類はかさばる物で、トランクルームのサービスが意外にも活躍します。また、司法書士・税理士なども書類がかさばります。こういった職種・事務所でも利用するところが徐々に増えてきました。また、内装工事業者など仕事道具がかさばる業種でも、トランクルームの利用が増えています。
一般家庭ですと、趣味のコレクションを納める場所として利用されるケースもあります。ご自宅でのスペースを圧迫していくにつれ、ご家族の目が冷たくなってくるので、いっそのこと趣味のものを全部おさめて書斎にしてしまおう、という方も多いです。そういった利用方法に対応している業者も増えてきたので、趣味のコレクションの収納に困ってきた方はぜひご検討を。